マインドフルネス国際会議2024

マドレーン・ハインズ

Connection Events icon

Bwyd Da Bangor ICM:2024 pop-ups

Bwyd Da Bangor BDB is an ethically and environmentally sustainable not-for-profit café, deli and bistro that aims to showcase the best in local, seasonal organic produce whilst supporting the local community to tackle issues such as food poverty, social isolation and providing a creative space for local musicians and artists to express their talents. During ICM:2024 they will be hosting a series of pop-up evenings, solely for conference guests, providing an excellent opportunity to connect and relax together. Booking is strongly advised! Mexican Street Food: Friday 2 August Mexican street food focusing on fresh vibrant dishes using locally sourced products Vegan Farm to Fork: Saturday 3 August Our vegan farm […]

Bwyd Da Bangor ICM:2024 pop-ups 続きを読む "

Retreats

Workshops, Retreat and training

ICM:2024 workshops, retreat, and training conference workshops Delve deeper into mindfulness with in-person workshops before and after the conference, set for Friday, August 2, and Tuesday, August 6, in Bangor. These workshops focus on specific aspects of mindfulness, adding depth to your overall conference experience. Each session offers a unique opportunity to gain valuable insights from experienced facilitators. With multiple workshops occurring simultaneously, you can tailor your time at ICM:2024, selecting the topics that resonate most with you. Access to workshops is included in the conference pass—buy yours now. pre-conference workshop Knowing how it feels: A deep Exploration of Vedanas (Feeling Tones) with  Martine Batchelor During this half-day workshop, I

Workshops, Retreat and training 続きを読む "

ストランド4:草の根活動、実社会への応用、イノベーション

草の根、実世界での応用、革新 マインドフルネスは実生活にどのようにフィットするのか?私たちの変化する世界は、マインドフルネスを提供する新しい、創造的で、状況に応じた方法を必要としています。このストランドでは、マインドフルネスをベースとしたプログラムを開発し、日常生活の中で教えることの喜びと課題を分かち合います。私たちは、様々な異なる環境で働くイノベーターから学び、新しいアイデアを受け入れながら、私たちの仕事の完全性と深みを維持する方法を発見するでしょう。 ストランド4には以下が含まれますが、これらに限定されるものではありません:- インクルージョン、平等、多様性への革新的なアプローチ - 草の根のアプローチ - 革新的な実施 - ヘルスケアへの革新的なアプローチ - AIとマインドフルネス - 交差性 - 職場におけるマインドフルネス - 治療的アプローチ

ストランド4:草の根活動、実社会への応用、イノベーション 続きを読む "

ストランド3:社会的、文化的、体系的アプローチ

社会的、文化的、システム的アプローチ マインドフルネスを形作る様々な視点とは?このシリーズでは、社会的不平等、人種的不公正、生態系の危機など、今日の大きな課題と、それらが個人や集団にどのような影響を与えるのかを踏まえ、マインドフルネスに基づくアプローチを見ていきます。私たちは、マインドフルネスがこれらの課題をナビゲートするのに役立つ可能性を探り、マインドフルネスに基づいた実践者、教師、研究者が、意識を高め、誰にとっても公平で歓迎される方法でマインドフルネスを提供するために何ができるかを探ります。ストランド3は以下を含むが、これに限定されるものではない:マインドフルネスとニューロダイバーシティ マインドフルネスと文化 マインドフルネスにおける平等、多様性、インクルージョン マインドフルネスとヘルスケア メンタルヘルスとフィジカルヘルス マインドフルな子育て マインドフルネスにアクセスするためのシステム的な障壁

ストランド3:社会的、文化的、体系的アプローチ 続きを読む "

ストランド2:観照的、哲学的、精神的

瞑想的、哲学的、スピリチュアルなアプローチ 私たちはどのようにマインドフルネスと出会うのだろうか?多くの人にとって、マインドフルネスを実践することは、言葉にするのが難しく、測定するのが難しい、深い意味のある体験につながる。このような体験は、科学的にはまだほとんど解明されていない。マインドフルネスに基づくアプローチは、心身の健康をサポートする上で重要な役割を担っており、私たちを全体性、相互のつながり、苦しみ、意味への深い理解へと開く可能性を秘めている。このストランドでは、古典的なマインドフルネスと現代的なマインドフルネスの実践がどのように絡み合っているのか、また、あまり具体的でないこれらの考え方を、どのように社会の主流に持ち込むことができるのかについてお話しします。 ストランド2には以下が含まれるが、これらに限定されるものではない:マインドフルネスと宗教 科学と仏教の交差点 マインドフルネスと宗教

ストランド2:観照的、哲学的、精神的 続きを読む "

ストランド1:科学的研究、理論、教育学

Scientific Research, Theory and Pedagogy How do we examine mindfulness? In this strand, we’ll take a big-picture look at where the mindfulness field stands in the worlds of science, research, and theory. We’ll consider the strengths and vulnerabilities of what we know about mindfulness-based approaches. There will be opportunities to hear from experienced researchers, reflect on their research experiences, and discuss where we should head next.  Strand 1 includes but is not limited to: Innovative research methods Mechanisms of mindfulness Pedagogy of mindfulness Approaches to measuring mindfulness The challenges of research methodologies in mindfulness research Innovative pedagogical approaches Ethics Strand 1 begins with a Keynote from Sona Dimidijian. After this

ストランド1:科学的研究、理論、教育学 続きを読む "

ストランド5:政治、環境、グローバルな取り組み

政治的、環境的、世界的な取り組み 個人的に、政治的に、社会的に、マインドフルネスを行動に移すにはどうすればいいのか。マインドフルネスは、私たちが様々な課題に直面している今、私たちの世界に大きな影響を与える可能性を秘めている。しかし、それを実現するためには、私たち全員が現在の課題に立ち向かう必要がある。私たちは、政策立案者、政治家、影響力のある人々と関わり、マインドフルネスが繁栄するための持続可能で構造化された枠組みを確立する必要がある。会議の閉会にあたり、私たち一人一人がどのように変化をもたらし、次のような仕事を前進させることができるかを深く考えるために、このストランドは私たちをサポートしてくれるだろう。

ストランド5:政治、環境、グローバルな取り組み 続きを読む "

ja日本語