マインドフルネス国際会議2024

この時代、この世界におけるマインドフルネスの関連性、意義、そして可能性について、多様な視点からの結集を呼びかける。
ICM:2024 変化する世界におけるマインドフルネス
この時代、この世界におけるマインドフルネスの関連性、意義、そして可能性について、多様な視点からの結集を呼びかける。
ICM:2024 変化する世界におけるマインドフルネス
前のスライド
次のスライド

会議の目的

世界と私たちの社会は大きく変化しています。私たちのゴールは、人々が集まり、語り、質問し、インスピレーションを感じられる場を提供することです。 私たちが今直面している様々な可能性や課題に対して、マインドフルネスが果たす役割を一緒に探っていきましょう。 

ICM:2024 will have an exciting programme and a rich range of speakers, partners and sponsors to make this a truly collaborative conference with the widest possible reach and impact.

マインドフルネスの研究者、トレーナー、スーパーバイザー、教師、実践者、そして観想家、政策立案者、サービス利用者、一般市民が一堂に会する。

私たちは、(講演者や参加者として)歴史的にテーブルについてこなかった人々の多様な視点や声を取り入れることを目指す。

私たちは、今世界で何が最も必要とされているのかを探求しながら、私たち全員が直面している困難な問題やジレンマを提起していく。

会議テーマ

2024年大会のテーマは 変化する世界におけるマインドフルネス. Watch Professor Rebecca Crane そして Dr. Ken Lunn discuss this at the Manchester Mindfulness Festival in October 2023. アクセシビリティのため、「CC」ボタンをクリックしてクローズド・キャプションを有効にするか、「トランスクリプト」ボタンをクリックしてトランスクリプトにアクセスしてください。

ビデオ再生
 

私たちの5つの主要なストランドを使用する。この会議では、社会的混乱、不平等、インクルージョンと多様性の欠如、気候変動と生物多様性の崩壊といった課題に、マインドフルネスがどのように貢献できるかを探るとともに、教育、職場、健康と福祉におけるマインドフルネス・アプローチを探求する。

5つの柱

about the ICM series

The International Conference on Mindfulness (ICM) series was initiated in 2012 and led by Prof Nirbhay N. Singh, Medical College of Georgia, emeritus founding editor of the international journal, Mindfulness, in collaboration with Prof Antonino Raffone, University of Rome, and Fabio Giommi, mindfulness teacher, Italy.

The ICM series now aims to schedule a biennial conference held in the northern hemisphere and in the Asia Pacific region. Professor Antonino Rafone now leads the ICM series.

The series has included the following events:

Future conferences planned in the ICM series:

  • 2024 Bangor University, chaired by Prof Rebecca Crane and directed by Dr Ken Lunn
  • 2025 Hong Kong, chaired by Dr Samuel Wong
  • 2026 South Korea, chaired by Deoksang Jo

Outside of the ICM series the Centre for Mindfulness Research and Practice at Bangor University organised and hosted eight international conferences in Bangor and Chester in 1999, 2001, 2005, 2011, 2013, 2014, 2015 and 2017. The early conferences were organised by Judith Soulsby and the later ones by Sharon Hadley when she was based within the Bangor team. Professor Rebecca Crane, Eluned Gold, Dr Dusana Dorjee and Dr Gemma Griffith chaired and hosted the events with support from the Bangor teaching team.

Offering these spaces for community building and shared inquiry for mindfulness teachers, researchers, practitioners, and partner colleagues has been an important part of our process. Bangor University is delighted to be holding the baton for the ICM 2024 conference through co-hosting with マインドフルネス・ネットワーク.

ja日本語