マインドフルネス国際会議2024

icm:2024 洞察 - ニューロダイバーシティをナビゲートする 第4回

私たちの目標は、2024年国際マインドフルネス会議を、神経多様性のある瞑想者を歓迎することも含め、可能な限り広く簡単に参加できるものにすることです。神経多様性を探求することは、マインドフルネスの実践、指導、研究に新たな視点をもたらします。このブログでは、私たちのEDIアドバイザリーグループのニューロダイバージェントのメンバーが、ニューロダイバーシティに関する質問に答え、ニューロダイバージェントを包括する会議を作るための私たちの努力について説明します。

ニューロダイバーシティに関する一般的な誤解にはどのようなものがあり、今後どのように対処していけばいいのでしょうか?

 

ニューロダイバージェンスのそれぞれのタイプについて、一般的な神話や誤解があるが、枚挙にいとまがない! ニューロダイバージェンスであれ、ノイローゼであれ、人間は一人ひとり違う。

神経多様性のある人は、自閉症や失読症など、ひとつの「もの」だけであると思われがちである。 このようなケースはめったになく、「併存状態」の発生率が高い。 別の考え方として、現在の診断分類は、より複雑な個人の現実を反映していないかもしれない(フレッチャー・ワトソン、2022年). これはまた、人々が個人として扱われる必要性を浮き彫りにしている。

ニューロダイバージェンスという言葉は、サポートの必要性が低い人にしか当てはまらないと考えている人がいる。 そうではありません。 重度知的重複障害(PIMD)のある人も、ニューロダイバージェンスに含まれます。 この包括的なアプローチは、個人の経験が多様であることに加え、特性や能力が環境によってどの程度変動するかという点からも重要である。 神経多様性のある人の中には、自分自身を障害者と考える人もいれば、そうでない人もいる。 

俳優のダニエル・ラドクリフ(失読症)、ダン・アクロイド(自閉症)、サルマ・ハエック(失読症)、体操選手のシモーヌ・バイルズ(ADHD)、世界最強の男トム・ストルトマン(自閉症)、詩人のアマンダ・ゴーマン(音過敏症)、歌手のビリー・アイリッシュ(トゥレット症候群)などだ。 多様性がイノベーション、創造性、問題解決にもたらす価値を確信し、神経ダイバージェントの社員を追い求める企業もある(デロイト・インサイト、2022年; ジョンソン、2024年).

ja日本語