マインドフルネス国際会議2024

icm:2024 洞察 - ニューロダイバーシティをナビゲートする Pt.5

私たちの目標は、2024年国際マインドフルネス会議を、神経多様性のある瞑想者を歓迎することも含め、可能な限り広く簡単に参加できるものにすることです。神経多様性を探求することは、マインドフルネスの実践、指導、研究に新たな視点をもたらします。このブログでは、私たちのEDIアドバイザリーグループのニューロダイバージェントのメンバーが、ニューロダイバーシティに関する質問に答え、ニューロダイバージェントを包括する会議を作るための私たちの努力について説明します。

ICM:2024の参加者全員が、ニューロダイバージェントを肯定する環境づくりに貢献するにはどうしたらよいでしょうか?

参加者は、ニューロダイバージェントを肯定するアプローチ(例えば、以下のようなもの)について知ることができる。 ハートマンら、2024年; ネイラー、2023年)、さまざまな参加方法を尊重する。

  • 感覚的体験. 忙しく、混雑し、明るい空間は、人を圧倒し、人の参加能力に影響を与える可能性がある。 参加者の中には、サングラスやイヤーディフェンダーを着用して感覚を管理し、自己調節のために静かな休憩を取る必要がある人もいる。
  • 処理時間 情報を処理し、反応するのにかかる時間は人それぞれである。 処理時間が長いということは、より多くの情報を扱っているということかもしれない。
  • 静と動. 瞑想の練習中に動きが必要な人もいるだろう。 これは、気が散って集中できていないということではなく、集中力を高めるための補助かもしれない。
  • ソーシャル・バッテリー. 新しい人との出会いは、人によっては特に体力を消耗する。 選択的に出席したり、バーチャルイベント中に画面から離れたりすることは、重要なエネルギー管理ツールであり、コミットメントの欠如の兆候ではない。

言語や診断ラベルは歴史的に偶発的なものであり、このような話題について話すのは難しいことだ。 私たちは皆、時に言葉を間違え、他人の世界を理解することに限界がある。 参加者は、すべての人のための探求と学びの場を作り、開催する一員となるよう招かれる。 

多文化協定で定められているアプローチは、神経ダイバージェントを肯定する空間の支援に関連し、交差性を認めるものである。 イーストベイ瞑想センター協定 を含む:

 

 

  • 試着する 新しいアイデアや、自分の好みや慣れ親しんできたやり方とは違うかもしれないやり方に、進んで「挑戦」すること。
  • セルフ・フォーカスを実践する。 自分自身の経験や反応に注意を払い、それについて話す。グループ全体を代表して話したり、他の人の経験について推測を述べたりしないこと。
  • 意図とインパクトの違いを理解する。 影響を理解し、認めるようにする。意図に焦点を当てることで発言の影響を否定することは、最初のやりとりよりも破壊的であることが多い。
  • Both / And」を練習する。 話すときは、"and "を "both "に置き換える。この習慣は、複数の現実を認め、尊重するものである。

ICM:2024に参加される皆様には、このアプローチについてご自身で考えていただき、対面でもバーチャルでも、このアプローチを念頭に置いて参加されることをお勧めします。マインドフルネスの哲学は、ニューロダイバージェントを肯定する環境づくりに深く役立ちます。

ja日本語